まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

ジャパンカップ2018のデータ其の0 ( 特別編 )

はい、どうも…どうもです😆😁

さて今回は…G1「 ジャパンカップ 」のデータ其の0 ( 特別編 ) を見ていきたいと思います。

特別編では、昨年2017年版のデータを見ていきます‼️

 

ジャパンカップ2018のデータ其の0      M

コース分析    ( 特別編 2017年版 )

【2017ジャパンカップ】過去のデータ分析

人気通りに決まる実力勝負の舞台

2017ジャパンカップを予想する際に必要となる、過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら、ジャパンカップで好走している馬について見ていきましょう。

 


1番人気が強い!力通りに決まるレース

まず、最初に注目したのは1番人気の成績です。

f:id:ymaedas41:20181118173957j:image

複勝率は80%で複勝回収率は101%と、極めて安定感のある成績を残している事が分かります。

東京芝2400mは内枠が有利なレースではありますが…広くて直線が長いコースなので、先行馬はもちろん、差し馬も力を出せるコースです。

つまり、1番力のある馬(1番人気の馬)は、その力を遺憾なく発揮している事が分かります。

ちなみに、牝馬の成績も良いのも特徴的です。中山競馬場のような力の要るコースではなく、スピードを中心とした総合力で勝負出来るコースなので、牝馬でも十分に通用しているという事が分かります。

 

極端な脚質の馬は苦戦!好位で競馬が出来る器用さは好走への必須条件

次に脚質別の成績を見てみましょう。

以下は4コーナーでの順位別の成績になります。

f:id:ymaedas41:20181118174057j:image
f:id:ymaedas41:20181118174048j:image
f:id:ymaedas41:20181118174040j:image

4コーナーで2番手以内にいた馬の複勝率は15%、複勝回収率は50%と苦戦傾向にあります。

逆に4コーナーを13番手以下のポジションでレースをした馬は…複勝率は18%、複勝回収率は55%とこちらも苦戦傾向にあります。

好走している馬の内訳を見てみると、4コーナーを2番手から8番手あたりで競馬をした馬が優秀な成績を残しており、先ほどの1番人気が強いというところで、東京芝2400mは差しが決まる舞台であるという話をしましたが、ジャパンカップについては好位でレースした馬が抜けて好成績となっています。

ちなみに種牡馬別成績を見てみると…

f:id:ymaedas41:20181118174130j:image

ディープインパクト産駒は、実数でも回収率でも1位となっており、ディープインパクトの持っているスピード能力が発揮される舞台である事は間違いありません。

キタサンブラックは、昨年このデータを打ち破って逃げ切り勝ちを見せましたが、今年も同様のレースを見せる事が出来るのでしょうか?天皇賞秋のように逃げない競馬を見せてくるのか、注目です。

 

主力は天皇賞秋組も前走負けてからの巻き返しがあるレース

最後に前走レース別の成績を見てみましょう。

f:id:ymaedas41:20181118174203j:image

天皇賞秋経由の馬が圧倒的な成績を残しており、この組を無視しては予想が出来ないレースとなっております。(昨年は京都大賞典組2頭、アルゼンチン共和国杯1頭と異端な成績となりましたが…)

天皇賞秋を使ってジャパンカップの臨んできた馬の結果を見てみると…

必ずしも天皇賞秋で好走していなくても巻き返しが出来ている事が分かります。

2016年 ショウナンパンドラ 1着(天皇賞秋4着)

2016年 ラストインパクト 2着(天皇賞秋12着)

2015年 エピファネイア 1着(天皇賞秋6着)

2014年 トーセンジョーダン 3着(天皇賞秋11着)

2011年 ブエナビスタ 1着(天皇賞秋4着)

2011年 ジャガーメイル 3着(天皇賞秋9着)

2009年 ウオッカ 1着(天皇賞秋3着)

2009年 オウケンブルースリ 2着(天皇賞秋4着)

これ以外にもアドマイヤムーンポップロックなど、天皇賞秋で負けて巻き返すパターンが見て取れます。天皇賞秋とジャパンカップは中3週での競馬になります。

ここで目一杯に走ってしまった(仕上げてしまった)馬は、ジャパンカップではどうしても反動が出てしまいます。

逆に天皇賞秋で凡走して余力を残している馬は、ジャパンカップで好走出来るチャンスが大きくなるという事がデータから読み取れます。

天皇賞秋で凡走した馬は、狙い目だと言えるでしょう。

 

最後に枠順別成績だけ見てみます。

f:id:ymaedas41:20181118174235j:image

こちらは特段大きな有利不利はありませんが、内枠は若干優勢だという事は言えそうです。

 

以上が、2017ジャパンカップを攻略するための主たるデータです。

力通りに決まる舞台で余力を持った馬を狙うと言うことは覚えておくと良さそうです。

 

 

こんな感じです…😅💦

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁

よかったら、「 いいね👍 」及びフォロー、読者登録をお願いします🙏