まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

スプリンターズS2018のデータ 其の5

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…どうもです😆😁

さて今回は…

秋のG1開幕戦の

スプリンターズSのデータ

其の5 を見ていきたいと思います‼️

では、早速ですが…

データの方を見ていきましょう⭐️


スプリンターズS2018のデータ其の5     K

スプリンターズステークス2018一週前追い切り

いよいよ秋のG1がこのレースからスタート!ここから本格的な秋競馬が始まります。前哨戦のセントウルSを快勝したファインニードルが1番人気濃厚ですが、逆転候補の馬はいるのか?それともファインニードルが昨年の雪辱を晴らすのか?注目の1戦です。

それでは一週前追い切りと共に見て行きたいと思います。

ファインニードル

920栗東坂路稍重 馬なり

54.8-39.3-25.2-12.5

目論見通りセントウルSを使って一週前は馬なりで軽め。フォトパドックを見ても仕上がりの良さがわかる。昨年こそ見どころ無しの12着という結果になってしまったが、今の充実度を考えれば昨年とは全くの別物。

中山という舞台がそこまで良い馬ではないので、

懸念材料とすればそれくらいだろう。今年は期待して良いのではないだろうか?

ナックビーナス

920日南W良 一杯

66.6-51.4-37.0-12.7[3]

新馬2秒近く追走しやや遅れて終了。特別目立って良い時計ではない。せめて新馬くらいは交わして欲しい所だったが北海道での成績が良かった馬なので、前走の方がデキは良かったかもしれない。滞在競馬の効果が出ていたかもしれません。

中山という舞台は得意な馬で鞍上はモレイラ。これは期待せざるを得ない感じではありますが、具合の良さに関してはファインニードルの方が上かも。最終追い切り次第と言えそうです。

レッツゴードンキ

920栗東CW稍重 一杯

91.8-77.6-64.1-51.2-38.8-13.5[4]

昨年2着という事もあり今年も人気の一角を担うであろう馬。しかし、稍重の馬場とはいえCW単走でこの時計は、お世辞にも良いとは言えないです中間は良いのですが、終いがバタバタなんです。昨年よりも臨戦過程は良いが、キーンランドCの反応の無さを考えると、ちょっと状態が良さそうとは思えない。

一週前追い切りの映像を見てもそう思うし。この馬も最終追い切りでどこまで変わってくるか?

レッドファルクス

920日南W良 一杯

83.6-67.8-52.9-39.0-13.6[9]

そこまで攻め掛けするタイプではないが、終いはトップライセンスに離されてしまった。もうちょい動きが良くてもいいハズなんですけど2年連続でこのレースを勝っているように得意のレースでもある。3年連続で好走すればそれはそれで凄いこと。後は日本のこの路線が低調という事を表している事でもあります。

一週前追い切りは特別良いとは思えずここ2年に比べると年齢的な衰えがあるかもしれません。

アレスバローズ

920栗東坂路稍重 一杯

52.6-38.1-24.5-12.1

馬場の悪い坂路での追い切りですがビッシリ追って好時計をマーク。ここ2戦連勝している勢いそのままに状態は良さそう。ようやくG1でもこれ位の人気になって来たのかという感じです。そもそも能力は高い馬だった。中々パッとしない成績が続いていたが、今年の夏に開花したと思う。夏場も良いのかもしれません。

しかし、デキ落ちなんて微塵も感じられず好調維持。格上挑戦になるが、今のデキの良さなら通用しても。

ラブカンプー

919栗東坂路良 馬なり

57.3-41.5-26.7-13.4

特別目立つ時計ではないが、いつもこれ位で走っているタイプ。これだけ使われてもセントウルS2着に来るのだから、来年のスプリント路線は中心の馬になるかもしれません。決して得意とは思えなかった阪神の重馬場でも2着だったし。ここ数戦に比べると今回は斤量差がカギになるだろう。

セントウルSでファインニードルの2着だったとはいえ、6キロの斤量差の恩恵もあったハズで。北九州記念ではアレスバローズと5キロ差があった訳だし。特にファインニードルは前走叩き58キロだった事を考えれば、今回はもっと差が広がってもおかしくない。

さすがに今回は厳しいのではないだろうか

ムーンクエイク

920日南W良 馬なり

68.9-53.9-40.5-13.4[5]

まあ、いつもの通り馬なりですが時計は悪く無い。キーンランドCでは3番人気に支持されながらも9着と惨敗。しかし、上りは最速なだけに1200mはちょっと忙しいかもしれません。確かに今回は2度目になるので流れに乗れそうだとは思うが、京王杯SCのパフォーマンスが良かっただけにこの舞台もどうだろう?直線が長いコースの方が良さそうな馬ですけど。スプリンターとしての能力は他の馬の方が上だと思うし、怖いと言えば鞍上がルメールという事だけ。

それ以外はさほど怖さを感じない馬だという印象です。

という事で有力馬を中心に一週前追い切りについて書いてみました。

【一週前追い切り、調教まとめ】

ファインニードルが順調そのものという感じの調整です。この舞台だけ苦手という事さえなければ、力はここでも一枚上。香港馬相手に好走出来る馬ですから。

それ以外の馬が思っていたよりも微妙な感じです

意外と上位人気馬はダメかもしれませんよ?

凄い良いと思える馬もいないし、完調手前というタイプもいる。それならば、格下馬でもチャンスが出て来たと思います。

一週前追い切りからの注目馬を紹介します。

注目馬はこちら⇒アレスバローズ




こんな感じです…😅💦

参考になれば、イイのですが…

よかったら、「 いいね👍😊 」をお願い

します🙏

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁