まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

オールカマー2018のデータ 其の1

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…こんにちは⛅️です😆😁

さて今回は…

秋のG1戦線にはとても重要なレース

オールカマーのデータ其の1

を見ていきたいと思います‼️

早速ですが、データの方を見ていきましょう⭐️


オールカマー2018のデータ其の1      R

オールカマー2018】予想考察|過去の傾向とデータ分析についての記事です。

中山競馬場・芝2200mで行われるオールカマーですが、近年は秋のGⅠに向けた前哨戦として注目度が増している重賞レース。実際に今回の出走予定メンバーを見ても天皇賞(秋)を目指す馬が集結した印象であり、レイデオロアルアイン・ダンビュライトと4歳馬の熾烈な争いが予想されますが、果たして、上記の3頭で決まるガチガチの決着となるのか?それとも、休み明けに付け込んで伏兵が紛れ込んで来るのか?

それでは過去の傾向とデータを含めて狙える馬を探して行きましょう!

 


オールカマー2018】予想考察

過去の傾向・データ分析

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

2017

1着:⑥ルージュバック(ヴィクトリアM:10着)

2着:⑧ステファノス安田記念:7着)

3着:⑨タンタアレグリア(AJCC:1着)

2016

1着:⑥ゴールドアクター天皇賞・春12着)

2着:①サトノノブレス宝塚記念:8着)

3着:⑤ツクバアズマオー(札幌日経OP:4着)

2015

1着:③ショウナンパンドラ宝塚記念:3着)

2着:④ヌーヴォレコルト宝塚記念:5着)

3着:⑨ミトラ(中日新聞杯:5着)

2014

1着:⑪マイネルラクリマ七夕賞:1着)

2着:⑥ラキシスオールカマー:2着)

3着:⑤クリールカイザー(札幌日経OP:4着)

2013

1着:⑫ヴェルデグリーン新潟大賞典10着)

2着:④メイショウナルト小倉記念:1着)

3着:⑨ダノンバラード宝塚記念:3着)

 

<レース展望>

以前のオールカマーと言えば「中山巧者が集うクセの強い重賞」のイメージがありましたが、近年は天皇賞(秋)エリザベス女王杯の前哨戦として重要な重賞であり、それを象徴するように出走メンバーがガラリと変化しつつある印象。

そして、実際に今年は昨年のダービー馬(レイデオロ)に皐月賞馬(アルアイン)を含め、ダンビュライトなど秋のGⅠを見据えてココから始動する馬が数多く顔を集めていますが、今回は最近のオールカマーの中では最も豪華なメンバーが集まったと言っても過言ではないはず。

つまり、出走馬の変化に伴い年々レースの傾向も変化している1戦であり、その変化にいち早く気付いて対応して行きたい所です。

 

<注目は前走・◯◯組>

展望の部分で出走メンバーがガラリと変化していると書きましたが、実際に秋のGⅠに向けた前哨戦であり、当然ながら実績のある有力馬が数多く出走する傾向。

つまり、春のGⅠシリーズから休み明けで参戦する馬が増えています。

実際に過去5年の前走・クラス別データを見ると

前走・GⅠ組の成績が(3-4-1-9/17)と複勝率で47%を超える驚異的な数字であり、春のGⅠシリーズから休み明けで参戦した馬が好走している事実を裏付けるデータです。

 

そして、さらに掘り下げて前走GⅠ+年齢別データを見ると

さすがに8歳となると能力的な衰えもあり、苦戦傾向ですが、14頭出走して半分の7頭が馬券圏内である「4歳~6歳馬」が優秀な成績。

つまり、〝前走・GⅠに出走していた4歳~6歳馬〟の信頼度は高いと考えてOK!

ちなみに、今年はアルアイン・ガンコ・ダンビュライト・レイデオロが該当しますが、上記の4頭の中で上位を独占する可能性は十分にありそうです。

 

オールカマー2018予想考察】のまとめ

最後に現段階の注目馬をご紹介します。


ガンコ



<推奨理由>

本命の印を付けて期待した前走は14着に大敗しているが、厳しいペースを積極的に先行して最後はガス欠と参考外と考えてOK。そして、今回はフレッシュな休み明けで適性の高い中山コースに替わる点は大きなプラスであり、上位人気の馬が後方で折り合いに専念する中で「先行」できる脚質は魅力的。単純な能力で考えると上位3頭からは1枚劣るが、適性の高さと自慢の体力を活かすレースメイクで勝機は十分にあるはず。




こんな感じです…😅💦

参考になれば、イイのですが…

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁