まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

関屋記念2018のデータ 其の0 ( 特別編 )

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…どうもです😆😁

さて今回は…

サマーマイルシリーズの第2弾

新潟競馬場で行われる関屋記念

のデータ其の0 ( 特別編 ) を見ていきたいと

思います‼️

今回は特別編ということで…何とかして、

何とかして的中🎯させたいので、昨年度の

データを引っ張ってきました。

過去10年のデータを拾っているので、さほど

変わらないと思うんですが…参考になれば。

っていうことで…

データの方を見ていきましょう⭐️


関屋記念2018のデータ其の0     M

コース分析

2017関屋記念】過去のデータ分析

枠順から浮かぶ傾向は?

2017関屋記念を予想する際に必要となる、過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?過去のデータから好走している馬の共通点を探っていき、関屋記念で活躍している馬について話をしていきます。


今年は豪華な顔ぶれが揃いそうな関屋記念。夏の新潟マイル戦(外回り)ということで、地力勝負となりやすい舞台でのレースになっています。

過去のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

高齢馬よりも若い馬が強い!問われるのは地力

まずは年齢別成績から見ていきます。

過去10年における関屋記念での年齢別成績は

となっています。

勝ち鞍や連対数からすると、5歳馬が優勢となっていますが複勝率や複勝回収率から見てみると4歳馬と3歳馬が活躍している事が分かります。

新潟芝1600m戦は外回りで直線の長いコースとなっています。

ですので、内枠から距離ロスなくコーナーを回って立ち回り勝負をする馬よりも、絶対能力の高い馬、速い上がりの脚が使える馬の方が活躍しています。

ここで枠順別の成績も見てみましょう。

圧倒的に外枠有利という結果になっています。

一般的に内枠と外枠のメリット・デメリットを挙げてみると

内枠:距離ロスなく走れるがのびのび走れない

外枠:距離ロスを被るが不利なくのびのびと走れる

という特徴があります。

つまり、これらの特徴から適性を考えていくと、小倉や福島などの小回りコースは内枠が有利。

新潟や阪神などの広くて直線の長いコースは外枠が有利という事が言えます。

関屋記念が行われる新潟芝1600m戦での直線の長さは、JRAの競馬場の中でも屈指の長さなので、不利なくのびのびと走ることが出来る外枠が有利な訳です。

と、ここで4歳馬、3歳馬が優勢であるという点に話を戻します。

一般的に競走馬のピークは3歳の秋から4歳馬までで、5歳以降になると徐々に能力が落ちていく、と言われています。

現在は調教の技術も向上していき、加齢による衰えは、だいぶ緩やかになってきていますが根本的に3歳秋から4歳が一番充実している時期だと考えれば、不利なくのびのびと走れる新潟芝1600mにおいて、3・4歳馬が強いというのは単純に考えて理解が出来る事だと思います。

5歳以上になっても強い馬は勝利を挙げたり、好走していますが伏兵として穴を開けられるのは3歳馬、4歳馬の方が圧倒的に率が高いという事は覚えておく必要があるでしょう。

 

スタミナを求められるタフなコース

次に前走距離成績を見てみましょう。

前走で関屋記念と同じマイル戦を使っている馬よりも、1800m以上のレースから距離短縮をしてきている馬の方が活躍していることが分かります。

先ほども話しましたが、新潟競馬場の外回りコースは、日本で一番直線が長いコースになっています。しかも、新潟競馬場は坂のない平坦コースとなっていますので、長くて平らな直線をひたすらMAXスピードで走り続けるという直線での攻防になります。

最後の末脚勝負といわれると、スピード勝負のようなイメージが沸くかもしれませんが長くいい脚をずっと求められるので、スピードよりもスタミナが求められる。

それが新潟競馬場の芝コース(外回り)の特徴です。スタミナが求められる訳ですから、前走で1800m以上のレースを経験した馬の方が関屋記念には順応しやすいという事になります。

スタミナが求められるという点でもう一つ面白いデータがあります。

これは過去10年間で出走した馬の前走着順別の成績です。

前走で1着となり勢いを持って出走してきた馬が3勝していますが前走で6着以下に惨敗した馬が7勝しています。なぜ、このような傾向が出てくるのでしょうか?前走で好走した馬というのは少なからず消耗しています。消耗をしている上に、夏の暑い時期はもともと体力が弱まっている訳ですから、前走で好走して馬は余力のない状態で関屋記念に出走してきます。

関屋記念はスタミナが必要なレースな訳ですから、余力のない馬は当然苦戦を強いられます。

逆に前走で大敗した馬というのは、そのレースで力を使っておらず、消耗度合いが小さくなります。

つまり余力がある状態で関屋記念に出走できるという事になりますので、レースではスタミナを存分に発揮でき、好成績を収めているという事になります。

関屋記念に必要とされるスタミナ。そして、そのスタミナを保有してレースに臨む馬をチェックしていくと良いです。

 

以上が2017関屋記念を攻略するための主たるデータです。

新潟競馬場の長い直線が持つ特徴を把握しながら、期待値の高い馬券を買うようにしたいです。



こんな感じです…😅💦

参考になれば、イイのですが…

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁