まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

七夕賞2018のデータ 其の2

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…おはようございます☔️😆😁

さて今回は…

サマー2000 シリーズの開幕戦

福島競馬場で行われる七夕賞のデータ

其の2 を見ていきたいと思います‼️

いやーーー、ムシムシ暑いですねー😵💦

では、データの方を見ていきましょう⭐️


七夕賞2018のデータ其の2    U

七夕賞の過去のデータ

過去9回分。

人気と連対率

▶1番人気【2-1-2-4】連対率33

▶2番人気【1-1-2-5】連対率22

▶3番人気【1-0-2-6】連対率11

▶4番人気【0-1-0-8】連対率11

▶5番人気【1-1-0-7】連対率22

▶69番人気【2-3-1-30】連対率14

▶10番人気以下【2-2-3-55】連対率7

年齢

▶4歳馬【1-1-0-4】連対率33

▶5歳馬【4-3-3-33】連対率16

▶6歳馬【4-4-5-31】連対率18

▶7歳上【0-1-2-47】連対率2

脚質

逃げ【2-0-1-7】連対率20

先行【4-1-3-26】連対率15

差し【2-4-4-47】連対率11

追込【1-4-2-35】連対率11


ヒモ荒れするレース

上位人気のみで決着するようなことはめったになく、フルゲートに満たなかった昨年を除けば2012年~2016年までの計5回連続で二桁人気馬が馬券に絡んでいた、人気薄の激走が目立つハンデ戦となっています。ただ、13番人気に推された馬は必ず1頭は好走しているから、上位人気馬を軸に手広く予想する必要があるんじゃないかな?

今年もフルゲートに満たないし、昨年同様の12頭立てでのレース開催となるけど、昨年以前まで1頭も馬券に絡んでいなかった8枠に入った馬が2着と3着に入線して、それまでのこのレースの枠順傾向も覆していた。フルゲートではないなら小回りが得意かどうかというのはさほど重要ではないと思うから、実力どおりに決まりやすいのかなって印象です。

ちなみに、Aコースで開催されるようになったここ5年で、走破時計が速いことも関係して馬券に絡んだ全15頭が父か母の父がSS系の血を引いています。そうでない馬は完全に消しでも良いかもしれません。まあ良馬場で開催されるなら~という前提だけど


年齢は気にしない

3歳馬以外のどの年齢にも勝ち星はあって、年齢は気にしないでいいのかな~って感じ。7歳以上に関しては、過去重賞レースで好走経験のある馬から選んだ方がいい。過去このレースで馬券に絡んだ3頭は重賞に出走経験があって、なおかつ最低でも掲示板は確保している馬のみでした。

Aコース開催では良馬場で開催されたここ5年全てで、158秒台の決着となっていることからも、スピード能力は必須小回りで早仕掛けになることも相まって最後まで持続できるスタミナも必要で、若い馬の方が有利なのかなっていうイメージはある。

4歳馬は出走頭数は少ないけど昨年はきっちり人気に応えて勝利したし、連対率は驚異的…4歳で人気になるような馬は、必ず押さえておく必要があると思います。プラチナムバレットは必須。7歳以上で勝利経験がないのはスピード面で若い馬には劣るから。


逃げ馬は必ず

昨年はマルターズアポジーが飛ばしに飛ばしたこともあって逃げた同馬は大敗したけど、4角先頭で直線に向いた馬が逃げ馬も先行した馬も含めて福島で開催された9回で6頭も馬券に絡んでいるから、4角先頭の可能性が高い逃げ馬は必ず選びたいところです。

今回はマイネルミラノが逃げそうではあるけど、最初のコーナーまで距離のあるこの条件では、もしこういう馬が外枠に入った場合、先手を取るためにかなり出していってペースが速くなることが多い。小回りだし最初のコーナーまで良い位置をとりたいと思うのはどの馬も一緒だから、スローペースにはならないと思います。

あとはコース適性がかなり影響するレースだから、福島で抜群の好成績を収めているなら脚質は気にしなくていい。重要度はコース適性が一番だから。


好走が期待できる馬を3頭紹介!

☆プラチナムバレット

都大路S14着入線してここに挑んでくる4歳馬。その前走はレース前から硬さがあって、後ろ脚に炎症を起こして直線では無理をさせなかったのが敗因。走りのバランスも悪かったし、決して力負けではありません。ハンデは57kgとかなり見込まれているけど、4歳で馬券に絡んだ3頭全てが重賞を既に制覇していてこの馬も京都新聞杯を勝利しているし、実力的にも好走の可能性は高いと思う。

1週前の追い切りは栗東の坂路で、4ハロン51.6秒、ラスト2ハロン12.2-12.3秒を一杯に計時していた。しっかりと時計も出ているし、2週前の追い切りなんかCW6ハロン82.8秒、ラスト1ハロン11.3秒をなんと馬なりで計時。手応えに余裕があって走りに柔らかみも出ていたし、迫力もあって抜群の動きを披露。もともと調教は動くタイプだけど、前走時は時計も動きも今回ほどは良くなかったから。アクシデント明けを感じさせずにかなりいい仕上がりで出走出来そう。

重賞では追い込んで勝利しているけど、この馬は長く良い脚が使えるというわけやキレる脚を持っているというわけではなく、仕掛けられてから一瞬でトップスピードに加速できるギアチェンジ能力とその基礎スピード能力なんだ。小回りコースで先行出来たときにその真価は発揮されるとうま吉は見ているから、このクラスでの小回りレースは初めてだけど、恥ずかしい競馬はしないと思います。


マイネルサージュ

福島民報杯を後方一気で差し切ってこの舞台に駒を進めてきます。展開が向いたことももちろんあるけど、全馬が仕掛けながら前に取り付いていく中で、この馬だけ馬なりで進出してきたし、福島では馬券外に飛んだことがないというコース適性からもこの舞台はベストパフォーマンスを見せることができると思う。時計や上がりは掛かれば掛かるほど良いから、週末まで雨予報が出ているのもプラスに働きそう。

1週前の追い切りは津村騎手を背に、美浦のウッドコースで4ハロン54.2秒、ラスト1ハロン12.8秒を馬なりで計時。日曜と水曜にウッドで比較的早めの追い切りを行ういつもの調整で、1日の追い切りもラスト1ハロン12.6秒で走破。休み明けだけど乗り込み量も豊富で春先よりもトモがパンとしてさらに状態は良くなっているみたい。ここを目標に仕上がり良好。

昨年の丹頂Sで脚を溜める競馬をして以降、不利のあったオールカマーを除けばどのレースでも上がり上位の脚を使えているし、今回もそういう競馬をするみたいだから、ワンテンポ仕掛けを遅らせて、他馬が動いた後に仕掛けても差し切れるくらいのギアチェンジの高さを活かせればここでも上位争い必至かな。ジリジリと伸びる馬が多いハービンジャー産駒の中でも異色の存在。


サーブルオール

エプソムCでは4着入線をしていました。長く良い脚が使える馬で、ロングスパート戦を得意としている。非常にスタミナのある馬で、この馬がクラスが上がって勝利した全レースの、上がり3ハロンのラップはラスト1ハロンが一番かかっていました。このレースもそういう傾向があるし、道中に極端にラップの変動があるレース以外ではほとんど好走していることからも、ここで凡走というのはちょっと考えられないです。

1週前の追い切りは美浦のウッドで4ハロン52.9秒、ラスト1ハロン12.4秒を大外を回って馬なりで計時。前走後は短期放牧に出て帰厩後まだ1本しか調教を行っていないけど、牧場でしっかり乗り込まれて時計はしっかり出ているし、あくまで当週の追い切り次第だけど上積みはありそう。

スタミナがある馬と言ったけど、東京のマイルでも勝利経験があってスピード能力も中距離で結果を残している馬にしてはハイレベル。つまり、このレースで必要とされるスピードとスタミナ、そして持続力も持ち合わせている好走している馬の傾向に合致している。小回りは紛れが起きやすいというけど今回は12頭立てだからその可能性も低いし、好走するだろう。



こんな感じです…😅💦

参考になれば、いいのですが…

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁

よかったら、「 いいね👍😊 」 をお願いします🙏🙇‍♂️