まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、競馬予想頑張っています。

七夕賞2018のデータ 其の1

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…おはようございます☔️😆😁

さて今回は…

サマー2000 シリーズの開幕戦

福島競馬場で行われる七夕賞のデータ

其の1 を見ていきたいと思います‼️

今日は、3日間の肉体労働明けの休み。

身体中、バキバキですが…全然ブログの更新ができて

いないので、頑張って更新していきたいと思います😆

では、早速ですが…データの方を見ていきましょう⭐️


七夕賞2018のデータ其の1    R

七夕賞2018

過去の傾向とデータ分析

福島競馬場・芝2000mで行われる七夕賞2018

ハンデ戦×福島のGⅢ戦と施行条件だけを見れば

波乱のイメージが強い印象を受けますが、過去5年の1着は全て5番人気以内に支持された馬であり、近年は実績のある上位人気の馬が好成績を残しています。果たして、今年も強い人気馬が勝利を収めるのか?それとも、少頭数に紛れた伏兵が突き抜けるのか?1週間ジックリと考えてバシッと仕留めたいです。


七夕賞2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

2017

1着:⑧ゼーヴィント(AJCC:2着)

2着:⑪マイネルフロスト鳴尾記念:3着)

3着:⑫ソールインパクト(芦ノ湖特別:1着)

2016

1着:⑧アルバートドック(エプソムC:7着)

2着:④ダコール新潟大賞典:4着)

3着:⑫オリオンザジャパン(アハルテケS:4着)

2015

1着:⑪グランデッツァ鳴尾記念:5着)

2着:⑫ステラウインド(目黒記念12着)

3着:⑦マデイラ(福島民報杯10着)

2014

1着:②メイショウナルト鳴尾記念11着)

2着:④ニューダイナスティ(仁川S:10着)

3着:⑦マイネルラクリマ(エプソムC:2着)

2013

1着:④マイネルラクリマ都大路S:2着)

2着:⑩トレイルブレイザー(ドバイCS:11着)

3着:②タガノエルシコ(米子S:8着)

 

<レース展望>

サマー2000シリーズの開幕戦として開催される七夕賞ですが、冒頭でも書いた通り近年は人気馬が無難に勝ち切る結果。

その要因として以前は施行時期が最終週から2週目に変更されたこと。

以前は最終週のタフな荒れた馬場の条件でレースが行われていましたが、最近は「開催2週目のキレイな高速馬場」で争われる1戦。実際に過去5年の勝ち時計は1分58秒台のと早い時計の決着であり、最終週に施行されていた2012年以前とは全く質の違うレースなりました。つまり、この勝ち時計の早さが人気馬が好走する手助けをしていると推測可能。

ちなみに今年も先週に行われたレースを見る限り、近5年と同じくキレイな馬場で早い時計の出る高速状態。果たして、今回も上位人気の馬が無難に勝利を収めるのか?この後の傾向分析も含めてジックリと考えて行きたいです。

 

<ハイペースで差し馬に警戒!?>

過去5年のレースラップ(1000m区切り)を見てみると

2017年:58.0-60.2

2016年:57.9-60.5

2015年:59.5-58.7

2014年:58.9-59.8

2013年:58.6-60.3

2年前の15年を除くと全ての年で前傾ラップ(前半>後半の通過時計)であり、前半が淀みなく流れた上で最後は上りの掛かる決着となる傾向。

つまり、近年の主流であるスローペースから、33秒台の高速上りが求められる舞台とは真逆の方向性にある条件。そうなると「好走する馬の傾向にもクセ」が出てくるはず。そのクセをシッカリと見極めて上手く馬券に反映して高配当をゲットしたいです。

 

七夕賞2018予想考察】のまとめ

<現段階の注目馬>

最後に現段階の注目馬をご紹介します。


レイホーロマンス



<推奨理由>

前走は自信アリの本命で勝負するも鞍上のヘグりで馬券圏外。それでも無茶苦茶な競馬で最後は6着まで追い上げた競馬は強く改めてこのクラスで戦えるポテンシャルを示した内容。今回はスムーズに競馬ができる頭数減の少頭数も歓迎のタイプであり、ハンデ・臨戦・舞台設定を考えても改めて期待する価値は十分にあるだろう。後は芝の重賞でこの鞍上を本命に出来るか?この1点だけ



こんな感じです…😅💦

参考になれば、いいのですが…

っていうことで、今回はこの辺で…✋😁