まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

阪神牝馬S2018のデータ 其の3

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうも…どうもです😆😁

さて今回は、「 阪神牝馬S 」のデータ其の3 を見て

いきたいと思います‼️

早速ですが、データの方を見ていきましょう⭐️


阪神牝馬S2018のデータ其の3    U

阪神牝馬ステークスの過去のデータ

人気と連対率

▶1番人気【3-2-0-5】連対率50

▶2番人気【2-1-0-7】連対率30

▶3番人気【0-3-2-5】連対率30

▶4番人気【1-1-3-5】連対率20

▶5番人気【1-1-1-7】連対率20

▶69番人気【2-2-3-33】連対率10

▶10番人気下【1-0-1-69】連対率1

年齢

▶4歳馬【6-7-4-53】連対率19

▶5歳馬【2-3-3-43】連対率10

▶6歳馬【1-0-3-20】連対率4

▶7歳上【1-0-0-15】連対率6

前走着順

▶1着【7-2-2-24】連対率26

▶2着【0-0-0-5】連対率0

▶3着【1-2-2-7】連対率25

▶4着【0-3-1-6】連対率30

▶5着【1-1-2-9】連対率15

▶69着【1-1-1-26】連対率7

▶10着下【0-1-2-54】連対率2


マイルでは荒れていない

2016年からマイルに距離変更されて、ヴィクトリアマイルの前哨戦としてより意味のあるレースとなってからは、出走馬のレベルが極端に上がったこともあって、まだ人気薄が好走した経験はありません。内回りから外回りに変更されて、広いコースになったというのも関係していそう。

1400m開催時は毎年のように人気薄が必ず1頭は馬券に絡んでいたのに、ここ2戦連続で5番人気以内の馬だけで決着しかも昨年はその内の2頭が次走のヴィクトリアマイルで馬券圏内に入線したから、ヴィクトリアマイルでも好走が見込めそうな馬を逆算して選ぶのもひとつの手かもしれない。

1番人気馬は1600m開催時のここ2年連続で連対しているから、必ず選んでおいたほうが良さそうです。


年齢は不問

以前までは4歳のみで決着する年も多く、ここ10年で見ても毎年必ず1頭は馬券に絡んでいるんだけど、出走馬のレベルが大幅に上がった関係で力の足りない馬の出走が少なくなっているし、高齢馬でも力のある馬が出走してくるから年齢は気にしなくて良さそう。

リピーターも結構頻繁に出ているんだけど、リピーターの多くが4歳時に馬券に絡んでいることが多かったよ!これは1400m開催時も1600m開催時も同様のデータが出ているし、今年で言うならアドマイヤリードとジュールポレールは好走の可能性が高いかも?


前走1着馬を信頼

前走で1着だった馬がここで連勝を飾ることが多いみたい。昨年は有馬記念5着だったミッキークイーンが勝利したけど、準オープンやG3などからこのレースに挑んでくる場合、勝利していることが望ましい。

勝ち馬は1着馬から選ぶのがデータ的には良さそうだけど、2着以下は混戦で、前走圏外からの巻き返しも多い。ただ、二桁着順だった馬がここで馬券に絡んだことはまだ無いみたい!今年はG1級の馬ばかりが出走してくるし、前走理由なく大敗している馬とかはなかなか厳しいんじゃないかな?

このレースに関しては、距離も出走メンバーのレベルも変わっているし、さほどデータは気にしないほうが良いとうま吉は思います。


好走が期待できる馬を3頭紹介!

リスグラシュー・アドマイヤリード・ジュールポレール


リスグラシュー

{F4A0F7FE-3249-476E-83D4-1398533A7E53}

東京新聞杯1着入線してこのレースに挑んできます。3歳時はエンジンのかかりの遅さがネックだったんだけど、坂路調教自己ベストをマークして望んだ前走は、12.4-11.0秒のラップを刻んだところでも置いていかれずに馬なりで仕掛けを待てるくらいに加速面に成長が見られて、好メンバーが揃ってなおかつ斤量も一番重かったにも関わらず完勝相当強い競馬を見せていました。

1週前の追い切りは、栗東の坂路で中谷騎手を背に4ハロン52.5秒、ラスト2ハロン12.7-12.1秒を強めに計時。前走時ほどの時計はまだ出ていないけどラスト2ハロンの加速は素晴らしい。前走の1週前追い切りよりもしっかり動けているし、当週の動き次第だけど力を出せる状態ではあると思います。

テンションの高さとゲートが少し悪いところが課題なんだけど、今回は前走と違って輸送もないし、イレ込みもいくらかマシになるんじゃない?何より前走はレース前にかなりイレ込んでいながらあの競馬しかも今回、斤量が減って54kgでの出走となるのは反則級。好走はまず間違いないと思います。阪神では一度も馬券外に飛んだことがないし、マイルでもそうだから、軸で良いと思います。


☆アドマイヤリード

{C49D3D88-6E95-4501-A4B0-100EF5DE68EC}

昨年のこのレースの覇者で、前走の東京新聞杯12着。馬券内あったかどうかは怪しいけど、その前走は残り1ハロンデンコウアンジュが内に切り込んできて、既に脚が上がっていたマイネルアウラートがなぜかデンコウアンジュに寄せていって、間に挟まれてブレーキをかける不利その後も最後までしぶとく伸びていたから、前走のあの競馬は度外視していいと思います。

1週前の追い切りは栗東の坂路でデムーロ騎手を背に4ハロン53.6秒、ラスト2ハロン12.1-12.7秒を馬なりで計時。3月の初めから入念に乗り込まれているけど、その乗り込み量が尋常ではなく、しっかりと身体を作ってきたね!デムーロ騎手の感触も良かったみたいだし、叩いて良くなるタイプだからパフォーマンスを上げてくることは間違いないかな。

スピードの持続力とキレ味に優れた馬で、瞬発力勝負になるなら好走は間違いないと思います♪狭いところを割っていける根性もあるし、今回は逃げ馬が1頭もいないでしょ?超スローペースも見込めるし、上がり3ハロン勝負になってもおかしくないから、そうなれば好走できそうかな。


☆ジュールポレール

{9EF3DEDB-F53A-42C2-8D1F-1CA139AB3855}

昨年のエリザベス女王杯以来の出走で、前年度の同レースでは3着入線。2200mは距離が長かったようで、直線を向いた時には既に手応えがなく、ラストは完全に脚が上がっていました。デビュー戦以降はマイルでは一度も馬券外に飛んでいないし、休み明けの実績もあって、今回は巻き返しが見込めます。

1週前の追い切りは、栗東の坂路で4ハロン51.7秒、ラスト2ハロン11.9-12.6秒を一杯に計時。帰厩してからの乗り込み量は少ないけど、牧場でしっかり乗り込んでいるし時計もいつもどおりに抜群に出ているから、状態は良いと判断。脚の回転は相変わらず良い。

持続力よりも一瞬でトップスピードにのれる加速力が武器の馬で、前に壁を作らないと脚が溜まらないタイプ内~中枠が理想的で、前めで立ち回って一瞬で抜け出してこられるのはこの馬の持ち味かな。スローペースになるなら脚の使い所が重要だし、阪神の外回りのマイルで32.8秒という上がりを先行してマークしているし、全馬が上がりを使える展開で仕掛けられてからすぐにアドバンテージをとれるのはかなりの強み。穴を空ける可能性は十分。



こんな感じです…😅💦  

阪神牝馬Sは、悩ましいレースとなりそう…🌀🌀

絞っていけるように、データ集め頑張ります💪😆

では、今回はこの辺で…✋😁