まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、競馬予想頑張っています。

小倉大賞典2018のデータ 其の2

お金がたまるポイントサイトモッピー


はい、どうもです…😆😁

さて今回は、「 小倉大賞典 」のデータ其の2 を見て

いきたいと思います‼️

いやーーー、今日の日中は結構暖かったと思います😆

やはり雨前☂️☔️☂️の影響かな…🌀

っていうことで、データの方を見ていきましょう⭐️


小倉大賞典2018のデータ其の2    R

今回は小倉競馬場(芝1800m)で行われる小倉大賞典2018予想考察|過去の傾向とデータ分析

フェブラリーステークスが行われる裏の小倉で開催される小倉大賞典ですが、2016年以降は6番人気以降の馬が毎年馬券に絡むなど〝ローカルのハンデ重賞〟の文字通り荒れる1戦。

まずは小倉大賞典2018の過去の傾向とデータ分析から予想のヒントを探して行きましょう!


小倉大賞典2018】予想考察

<過去の傾向とデータ分析>

過去5年の結果は下記の通りです。

着順/馬番/馬名/前走成績

2017

1着:⑦マルターズアポジー有馬記念15着)

2着:⑭ヒストリカル(チャレンジC:6着)

3着:⑪クラリティスカイ(AJCC:10着)

2016

1着:②アルバートドック(リゲルS:3着)

2着:①ダコール日経新春杯:4着)

3着:⑪ネオリアリズム中山金杯:7着)

2015

1着:⑥カレンブラックヒル金鯱賞:5着)

2着:②コスモソーンパーク(ニューイヤーS:1着)

3着:①ダコール日経新春杯:5着)

2014

1着:④ラストインパクト(松籟S:1着)

2着:①カフナ(目黒記念:3着)

3着:⑥ブレイズアトレイル(京都金杯:4着)

2013

1着:⑤ヒットザターゲット中山金杯10着)

2着:②ダコール日経新春杯10着)

3着:⑫ダローネガ(京都金杯13着)

 

昨年はマルターズアポジーが超ハイペースの逃げを打ち、結果的に外枠の差し馬を連れて来ましたが、基本的にはレアケースであり本来は内枠の先行馬を狙うのがベター。

実際に過去5年の枠番別データを見ても

{233D3FFB-D088-415C-B887-3691C78D27A8}

「1枠~3枠」の馬の活躍が目立ち「1枠」に関しては複勝60%を超える驚異的な数字。

逆に外枠に関しては昨年のハイペースの恩恵を受けて差して来たヒストリカル(7枠)の1頭であり、基本的には不利な枠で考えるのが予想をする上でセオリーになりそうです。

 

次に過去5年の前走クラス別データを見ると

{7DDF019F-F166-4AA0-9A0C-2EBBE04DA27B}

「前走・GⅡ~GⅠ」に出走していた馬が好成績であり、特に前走GⅡ組に関しては毎年1頭は馬券に絡んでいます。日経新春杯・AJCC辺りから参戦してくる馬には今年も警戒したい所です。

 

では、最後に過去5年の斤量別データを見ると

{C2CE7C63-0151-4AD4-BD18-5184E0B7C4DB}

コチラは近年のハンデ戦傾向通り「斤量の重い馬」が大活躍。53キロ以下で馬券に絡んだ馬は1頭も該当せず、逆に57.5キロ以上の馬が最も相性の良い成績。今年も斤量の重いクラリティスカイ57キロ)・スズカデヴィアス(56.5キロ)・ダッシングブレイズ(57キロ)・ダノンメジャー(56.5キロ)には要警戒が必要です。

 

では、最後に現段階で注目している馬をご紹介します。

⇒【ダノンメジャー

前走は結果的にペースが速く想像以上の外差し競馬になり致し方ない敗戦であり、本位は逃げた方が良い馬である事を考えると悲観する内容ではない。近3走の内容を見てもポテンシャルとしてはローカル重賞を勝つぐらいの域には達してるはず。今回は逃げの位置取りショックが使えるタイミングで一発を期待!



こんな感じです…😅💦

お金がたまるポイントサイトモッピー

ちょっと休憩を入れて…さらに更新していきますよ⭐️

よかったら、「 いいね👍😊 」をお願いします🙏🙇

では、今回はこの辺で…✋😁