まえだせんせいの競馬予想

なかなか的中しませんが、中央競馬の重賞予想を頑張っています!

ターコイズステークスのデータ 其の4

はい、どうも…こんばんは🌙です😆😁


さて今回は、土曜日の重賞レース

中山11R G3 「 ターコイズステークス 」のデータを

見ていきたいと思います‼️

では…


ターコイズステークスのデータ其の4

ターコイズステークス

【中山芝1600mコース】

本日は、ターコイズステークスの舞台である中山芝1600mのコースデータを見ていきましょう。


内外の差はないコースも、ターコイズステークスは外枠有利!?

始めに中山芝1600mの枠順別成績です。

◆中山芝1600mの枠順別成績(2015年)

{68E891F9-063D-4A6F-8D5B-EEAE3950F2B1}

昔は「中山芝1600m=内枠有利」が定説でしたがそれはもはや死語になっており、現在の中山芝1600mは枠順による有利・不利がないコース。上の枠順別成績を見ても、内、中、外と差のない数字が出ています。

ちなみに今週に行われるターコイズステークスは重賞に格上げされて3年目ですが、過去2年の枠順別成績は以下の通り。


ターコイズステークスの枠順別成績(過去2年)

{F66B68F4-8733-4580-B572-9FAD5D7643D1}

3着以内馬6頭のうち5頭は5~8枠。15年は典型的な前残り、16年は差し、追い込み競馬と対照的な決着でしたが、外目の枠を引いた馬が上位に入りました。今年も内より中~外枠を引いた馬に注意したほうがいいかもしれません。


中山芝1600mを得意としている騎手は?

次に中山芝1600mを得意としている騎手を見ていきましょう。

◆中山芝1600mの騎手別成績(2015年以降)

{571815B1-C6E6-42A8-B930-ACD72D356756}

1位はシュタルケ騎手。騎乗回数は22回と少ないですが、そのうち13回で3着以内に入っており、複勝率は59.1%をマーク。単・複回収率ともに優秀な数字を残しており、同コースを得意にしているといえそうです。特に重賞では3回騎乗して【2.1.0.0】と完璧な数字を残しています。

2位はルメール騎手ですが、回収率がいまひとつで、それほど得意にしているコースとはいえなそう。全体的な数字では3位の戸崎圭太騎手の方が優秀といえるでしょう。複勝率はルメール騎手とほぼ同率の48.0%をマークし、単・複回収率ともに80%オーバー。特に7、8枠に入った時は【11.8.1.10】(勝率36.7%、連対率63.3%、複勝66.7%、単回収率205%、複回収率148%)と抜群の数字を残しています。15ターコイズステークスでは8枠16番に入ったシングウィズジョイ11番人気)で優勝。7、8枠に入った時は人気薄でも注意したほうが良さそうです。

そのほかでは3位の田辺裕信騎手も優秀。複勝35.0%をマークし、単・複回収率ともに100%前後の数字。同騎手は中枠時に強く、3~6枠に入った時は【11.4.4.29】(勝率22.9%、連対率31.3%、複勝39.6%、単回収率260%、複回収率125%)と安定した成績を残しています。


中山芝1600mを得意としている種牡馬は?

最後に中山芝1600m種牡馬別成績を見ていきましょう。

◆中山芝1600m種牡馬別成績(2015年以降)

{1F791FEC-110D-403F-881F-A8CF1E7D00BD}

1位はサクラプレジデントですが、出走回数が少ないので、事実上の1位はハービンジャーといってよさそう。単回収率の低さは気になるものの、複勝37.5%で複回収率84%とまずまず。特に単勝29.9倍以下&1~6枠に該当すると【5.6.5.11】(勝率18.5%、連対率40.7%、複勝59.3%、単回収率73%、複回収率145%)と好成績を残しています。

ディープインパクトキングカメハメハの二大種牡馬は可もなく不可もなくといった印象。そのほかで意外と好成績を収めているのはマンハッタンカフェ。特に5~8枠に入った時は【5.0.7.18】(勝率16.7%、連対率16.7%、複勝40.0%、単回収率160%、複回収率163%)と好成績。15ターコイズステークス11番人気1着と好走したシングウィズジョイは同産駒でした。



こんな感じです…😅💦

荒れるレースなので、ドンドンデータがほしいところ

ですが…🌀🌀

っていうことで、頑張って的中🎯目指して

勉強したいと思います💪😆